top of page

2023


今年は本当にみんなお世話になりました!

ありがとうね〜!


2023年は、徐々にパンデミックによる規制も少しずつ緩くなってきてようやく日常に戻りつつあるなという1年だったように思います。

とは言っても、パンデミック前と後では世の中の雰囲気とかも全然違ってしまってて、なんだかちょっと心配になるようなことも多かった1年でもありました。

自分にできる一番世の中のためになることは音楽だと思うので、ただひたすらそれを止めないでやっていたいなという思いで日々過ごしてます。

そんな風な生き方をしていられるのも俺の音楽を好きでいてくれているみんながいるおかげであります。


ライブも今年は例年以上にたくさんやりました。

とにかく色んなところに行って、ステージの上にいる時間を長くしたいなと思っていたから。

曲もたくさん書いた。

今年はひたすら土台になることを模索した1年だった。

来年以降、自分が何をしていくのかしっかりと見えた感じがしたな〜。


実は、今年は自分の制作以外にも、後輩のレコーディングを手伝ったりスタジオワークに参加したりと

ちまちまと自分以外のことをやったりもしていました。

自分が一度メジャーデビューしたりしている経験が誰かの何かになるのかしら。と思うこともあったりしたからです。

主に、ライブハウスの店長とかからいいバンドいるんだけど演奏ちょっとみてあげてくれない?

とかそういう話をもらっての手伝いだったりしたんだけれども、やっぱり関わっていく中で色々と感じたこともあって、時代の変化はもちろん自分がどういうスタンスで音楽やってるのかもかなり大事なんだなって思ったりもしました。

何か教えてあげるにしても、今はYOWLLとソロワークだし大きなステージでライブをしているところをみせてあげられるわけではないからそういうところでのもどかしさみたいなものは感じたりしていたなぁ。


音楽を仕事として捉える。というのにも色んな段階があって、いい音楽やってればそれでいいんだ。でブチ抜けるほど圧倒的なものを持っている人間ばかりではなくって、自分も心の底ではいい音楽やってればいいんだと思いつつ、それでもこの社会の中でみんなと一緒に生きていくという意味では苦労することもたくさんある。

いい音楽を作る。ということと、それが広がっていくということにはまた大きな隔たりみたいなものがあって

ただ、そこで大きな声をあげているだけでは見つけてもらえなかったりもする。

これは本当に運とかタイミングとか色んな要素も絡まってくるから難しいことだけどねぇ、、、


なーんて、今、このタイミングでライブハウスを主戦場にしたいなーと選んだ自分ならではの感情がたくさん湧いてきてくれて本当に楽しい1年だったな。


色んな人にも出会えたし、出会い直せたし。

来年も元気に1年ぶっちぎって走っていけますように!

みんなの活力になれますように!


なんてそんなことを思いながら大晦日過ごします!よ!っと。


そういうわけで、みんなくれぐれも体調には気をつけつつ

そして、くれぐれも来年もよろしく!!!!やで!!!!!


本当に今年もありがとう!!!

最高の1年であった!!!

Kommentare


bottom of page